骨密度と飲酒との関係

文献・資料
08 /17 2017
骨密度には、食生活や生活習慣も大きく関わっていることが知られていますが、お酒についてはどうでしょうか?
最近、PLoS Oneに興味深い論文が出ていましたので紹介します。

Jang HD, et al.
Relationship between bone mineral density and alcohol intake: A nationwide health survey analysis of postmenopausal women.
PLoS One. 2017 Jun 29;12(6):e0180132. doi: 10.1371/journal.pone.0180132. eCollection 2017.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28662191

Korean National Health and Nutrition Examination Surveyとありますので、韓国の国民健康栄養調査ですね。
その調査から、骨密度の測定を実施した約3,300人の閉経後女性のデータを抽出し、飲酒の頻度や量との関連を調べたそうです。

その結果、

全然飲まない人、逆に多く飲酒する人(週4回以上)に比べて、週2〜3回飲む人で最も骨密度が高いという結果が得られたと報告されています。1回当たりの飲む量によっても異なり、1回あたり「1-2杯または5-6杯」と回答した人で骨密度がやや高かったようです。

ちなみに、"「1杯」とはアルコール約8グラム相当であり、ビール220mLまたはSo-ju 50mL分と同等"と書いてあったのですが・・
私はSo-juを知らなかったので、何!?と思ってしまいました・・・
ソジュ(韓国焼酎)のことでした。
そーじゅーことでしたか。

・・すみません(*・`ω´・)ゞ

さらに骨粗鬆症についても検討したところ、飲まない人や多量飲酒者の方は、少し飲む人に比べて骨粗鬆症のリスクが約1.7倍高まるとの結論となっています。

詳細は本文を読んでいただければと思いますが、まずは、いわゆるアルコールのU字効果、ここでもか!という感じですね。

ということで、皆様またほとほどに楽しく飲みましょうね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ロコモ&メタボ研究会

ロコモティブシンドロームとメタボリックシンドロームの予防に関する研究と実践をめざすフォーラムです。