健診を活かしましょう

日記
08 /15 2016
今日は、ロコモ&メタボ研究会の世話人打ち合わせ会がありました。
発売したばかりの書籍のことや、今後のセミナーの件など、いろいろ検討してきました。

その中で、
「健診で何か指摘されても、そのままで過ごしてしまう人が多いのでは」
という話が出ました。

text_kenkou_shindan.png

中性脂肪が高いと指摘されても、BMI(体格指数)が25を超えていて「肥満ですね」と言われても、
そのままスルーしてしまい、翌年また健診を受けるだけ・・

これはもったいないですね。

健診は、気づくチャンスです。
健診で得られるデータは、自分だけの道標のようなものかも。
そこから先、どのような道を歩むかで、将来の健康状態が変わってきます。

健診の結果報告に

「食事や運動に注意しましょう」

と書いてあった時は、本当に注意して下さいね。

でも、実際どう注意していけばいいのかがわかりにくいことも多々あるかと思います。
これから我々の研究会で、医学や栄養学、運動生理学などの知見に基づいたロコモ&メタボ予防のための方法を、広くお知らせしていく予定です。

まずは、具体的に食事の習慣をどう見直し、どう運動を始めていったらいいかについて、下記の書籍に書いてみましたので、お手に取っていただければ嬉しいです。

メタボ&ロコモ予防講座~メタボとロコモの意外な関係~
Amazonリンク:http://www.amazon.co.jp/dp/4864294011

(すでに読んだ皆様、よろしければご感想をお願いします!)
スポンサーサイト

ロコモ&メタボ研究会

ロコモティブシンドロームとメタボリックシンドロームの予防に関する研究と実践をめざすフォーラムです。