運動習慣者を持つ高齢者のロコモ度テストからわかったこと

日記
09 /20 2017
メタボ&ロコモ研究会で事務局を担当しています、坂手です。お恥ずかしながら、初の投稿です。

今年の6月に、神奈川県内で定期的に運動を実施される60〜80歳代の計64名の方を対象に、ロコモ度テストを行いました。
ロコモ度テストとは、移動能力を確認するためのテストであり、「立ち上がりテスト」「2ステップテスト」「ロコモ25(下肢、腰などの痛みや生活の中での移動の困難さを聞く質問紙)」から構成されています。(詳しくはロコモチャレンジのHPをご参照ください。)
ロコモ度テストは、その結果より、ロコモ度1とロコモ度2に判定できます。立ち上がりテストでは、片脚で40㎝の高さから立ち上がれない、2ステップ値(=2ステップ値/身長)が1.3未満、ロコモ25の結果が7点以上の場合、ロコモ度1となります。また両足で20㎝の高さから立ち上がれない、2ステップ値が1.1未満、またロコモ25の結果が16点以上の場合、ロコモ度2となります。
その結果、立ち上がりテストのロコモ度1の該当率は全体の29.0%、ロコモ度2が4.8%でした。2ステップ値では、18.5%、ロコモ度2は3.1%、またロコモ25では、それぞれ、43.6%、9.1%でした。

以上より、該当率は、体力面をみる2ステップテスト、立ち上がりテストによる結果に比べて、質問紙のロコモ25で高いことが分かりました。これは、運動習慣を持つ高齢者では、腰、腕、下肢などに痛みを感じている人や生活の中での移動に困難さを感じている方が多いものの、ロコモに該当するほどの体力的な変化には至っていない状態の方が多いのかもしれません。この点は、更なる検討が必要であると考えています。

運動習慣を持つ高齢者においても、約半数がロコモと判定されていたことは大きな発見でした。
今後も引き続き、ロコモ予防のための様々な対策を検討していきたいと考えています。
スポンサーサイト

「メタボ&ロコモ予防講座」@さがまちカレッジ 終了しました!

日記
10 /16 2016
昨日10月15日(土)は、さがまちコンソーシアム(「相模原・町田大学地域コンソーシアム)の「さがまちカレッジ」内の講座として、「メタボロコモ予防講座」を開講してきました!

さがまちコンソーシアム:http://sagamachi.jp

場所は、町田市生涯学習センター(まちだ市民公民館)です。
161015さがまちカレッジ案内板

今回は、定員を超えるお申し込みをいただき、会場は満席。
混雑緩和のため、お集まりいただいた方から先に体力測定や簡易体組成測定などを始めていただきました。

開講後は・・・

体力測定や体組成測定、それにロコモティブシンドロームのチェックなどを行い、皆様ご自分の測定データを手にしていただいたところで「運動について」の講義。
簡単なストレッチ方法などを覚えていただきました。

その後は講義形式で、
・「メタボとロコモの意外な関係」
・「栄養について」
と、プリントやテキストを見ながら、生活習慣病や食習慣のことについての説明を聞いていただきましたが、皆様からの熱心なご質問をいただき、日頃から健康に関心を持っていただいていることを実感いたしました。

時間の割に内容が盛りだくさん過ぎて(。>ω<。)時間が押せ押せになり、参加者の皆様はあっちで歩いたりこっちで握力を測ったりと大変だったかと思いますが(^-^;;)、ぜひ、今日の結果や講義内容を今後の健康づくりに生かしていただければと、スタッフ一同願っております。

また、今回の講座は1日だけでなく、今後も継続して参加者の皆様と一緒に食事や運動の効果を見ていく予定にしており、当日、多くの方から、フォローアップ講座への関心をお寄せいただきました。
ぜひ、毎日少しずつの習慣で、メタボやロコモを寄せ付けない体作りをしていただければと思います。

今後ともご一緒に健康を作っていきましょう。皆様お疲れさまでした。

健診を活かしましょう

日記
08 /15 2016
今日は、ロコモ&メタボ研究会の世話人打ち合わせ会がありました。
発売したばかりの書籍のことや、今後のセミナーの件など、いろいろ検討してきました。

その中で、
「健診で何か指摘されても、そのままで過ごしてしまう人が多いのでは」
という話が出ました。

text_kenkou_shindan.png

中性脂肪が高いと指摘されても、BMI(体格指数)が25を超えていて「肥満ですね」と言われても、
そのままスルーしてしまい、翌年また健診を受けるだけ・・

これはもったいないですね。

健診は、気づくチャンスです。
健診で得られるデータは、自分だけの道標のようなものかも。
そこから先、どのような道を歩むかで、将来の健康状態が変わってきます。

健診の結果報告に

「食事や運動に注意しましょう」

と書いてあった時は、本当に注意して下さいね。

でも、実際どう注意していけばいいのかがわかりにくいことも多々あるかと思います。
これから我々の研究会で、医学や栄養学、運動生理学などの知見に基づいたロコモ&メタボ予防のための方法を、広くお知らせしていく予定です。

まずは、具体的に食事の習慣をどう見直し、どう運動を始めていったらいいかについて、下記の書籍に書いてみましたので、お手に取っていただければ嬉しいです。

メタボ&ロコモ予防講座~メタボとロコモの意外な関係~
Amazonリンク:http://www.amazon.co.jp/dp/4864294011

(すでに読んだ皆様、よろしければご感想をお願いします!)

ロコモ&メタボ研究会

ロコモティブシンドロームとメタボリックシンドロームの予防に関する研究と実践をめざすフォーラムです。